2021-04-19
Breaking News

多種多様なドライバーの仕事について

車を運転することを仕事にしているドライバーは、すべてが同じ仕事をしているわけではありません。
ドライバーと一口に言ってもその種類は数多くあり、仕事内容とともに、運転する車の種類によっても細分化することができます。

たとえば、代表的なドライバーの仕事には、トラックドライバーやバスドライバー、タクシードライバー、特殊車のドライバーなどがありますが、これらは仕事内容以外にもに、運転する車両に大きな違いがあるのが特徴です。
なかでもトラックドライバーは、トラックの荷台の中に荷物を積み込み、指定の場所まで運ぶことが仕事ですが、トラックの種類によって配達距離が変わることが少なくありません。
大型のトラックなら中距離から長距離を運転するケースが多くなり、県をまたぐことも多くなります。
しかし、中型や小型トラックの場合は、店舗や個人の自宅へ荷物を配送する仕事が中心になります。
そのため、ドライバーの仕事にかかる負担にも差が出てくるので、給与も変わってくるでしょう。

それから、バスドライバーも観光で使用するバスと地域を巡回するバスの運転業務の2つに分類できます。
観光バスは大型車両のものが多く、長距離運転になりがちですが、巡回バスのドライバーは決まったエリアのルートを辿ることになるため、慣れてしまえば道を覚えることが苦手な人でも十分に活躍できます。

また、タクシードライバーは、乗客を乗せて目的地まで送り届けるのが仕事になり、接客業のような要素を持ち合わせています。
運転する車両もそれほど大きくないため、最近では女性のタクシードライバーも増えているようです。